脱毛エステを利用するのは勿論良いと思います。脱毛をするのでしたら、一番、確実で安心な方法なのは間違いありません。

ただ、毛深い方の場合ですと、どうしても、量がありますので費用がとてもかかってしまうのは言うまでも無いでしょう。例えば範囲も普通の人よりは多くなってしまいます。その為に、何度も脱毛サロンに通わなければならなくなってしまいます。

他の人がもう終わっている時期なのに、自分だけは全然終わらないという羽目になってしまいます。ではどうすれば良いのかというと、例えば、脱毛サロンに余裕を持っていく為に、節約をするのが良いと思います。では節約をする為の、とっておきの脱毛器具等はあるのでしょうか。 それを考えた場合には家庭用脱毛器の存在があると思います。

家庭用脱毛器なのですけれども、カミソリや、毛抜き等を利用するも確実に処理をする事が出来ますし、安全であるのは間違いありません。 それに、脱毛サロン等で利用されている機器に近い出力を出せるような物も最近は増えて来ているのです。それを考えるのならば、利用っしない手は無いのではないでしょうか。皆さんも、お金が貯まるまで家庭用脱毛器で我慢して処理を続けてみてはいかがでしょうか。

ワックスやテープを使った脱毛処理の流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

脱毛の方法として、ワックスや、テープを利用する方法がありますが、これはどのような流れでやれば良いのでしょうか。

まずは、ワックスやテープを用意しなければ話は始まりませんよね。

ワックスについてですが、それぞれ種類があります。

例えばハードワックスは、塗って固まったら剥がすという物です。

ソフトワックスは塗った上に布を当てて剥がします。

ワックスシートと呼ばれる脱毛テープの場合は、ワックスのついたシートを貼って剥がすタイプです。ドラッグストア等に行けば容易に見つける事が出来るでしょう。

用意したら肌を清潔にしなければなりません。毛を抜いた後は入浴が出来ません。ですから、入浴後にすると良いでしょう。肌も綺麗ですし、毛穴も開いている状態ですよね。その為に処理がしやすくなります。

ワックスを塗る前には、肌を十分、乾かさなければなりません。それからワックスを塗りましょう。ワックスが固まっていたら、容器ごと湯煎をすれば柔らかくなります。

ソフト、ハードのワックスですとヘラを使用して体毛の生えている方向とは逆の方向に塗れば良いです。

ソフトワックスはその上から布を当てます。ワックスシートの場合は、空気が入らないよう注意して貼りましょう。

ワックスを剥がす時は、毛の生えている方向とは逆方向に剥がします。

慣れるまでは温度調節の部分で上手く行かないかもしれませんが、家庭用の場合は、火傷の心配のない商品もありますので、最初はそこから始めるのが良いかもしれません。

剥がした後は、化粧水、あるいは保湿クリームで保湿ケア等をすれば良いです。